グレンコ・アンドリー 『プーチン幻想』 感想の裏話

 5年以上やっていますが、改めて書評って難しいなあと思います。  読んでいない人にその魅力を伝えなけらばならないので、ある程度のあらすじは必要。しかしながらネタバレになりすぎてもダメ。書いた人の意見がなければ感想にならないけど、主観が入りすぎてもダメ。  その辺を身構えすぎて、中々書けない理由になったりしていたのですが、あまり難しく考えすぎてもダメですね。完璧なものなど書けるはずはありませんので。 […]

グレンコ・アンドリー プーチン幻想 「ロシアの正体」と日本の危機 感想

 コサックはロシア人?ボルシチはロシア料理?  実はコサックはウクライナ人、ボルシチはウクライナ料理なんだそうです。ご存知でしたか?  私も含めて多くの日本人はロシア、そしてウクライナに関しての詳しい知識がありません。私の若かった頃、そこはロシアではなくソビエト社会主義共和国連邦と呼ばれていました。ソ連は秘密に包まれた、非情なスパイのいる冷たい国。そのような印象を私は当時読んでいた少女漫画から持っ […]

倉山満 2時間でわかる政治経済のルール 感想

 『2時間でわかる政治経済のルール』というタイトルにたがわず、サクサクと軽快に読み進められる良書。だからと言って内容が薄いわけではありません。これほどの内容をコンパクトにまとめられる倉山先生の技量にいつも感服させられます。  この本がなぜ、他の政治学者や経済学者の書くものとは一味も二味も違うのか。それは倉山先生が憲政史家の名の通り、憲法、政治、歴史を熟知しているからです。政治や経済にスポーツのよう […]

倉山満  平井基之  理数アタマで読み解く日本史 ─なぜ「南京30万人」「慰安婦20万人」に騙されてしまうのか? 感想

 出版されてから随分日が経ち、感想を書くのがだいぶ遅れてしまいました。発売直後に購入したのですが、読みやすく、良い内容でかつ役に立つので、読んだ後、息子にあげたのです。最近、kindleでも発売されたので改めて、自分用に購入して再読いたしました。  憲政史家・倉山満先生と受験戦略家・平井基之先生による対談形式のこちらの作品。お二人の軽快なテンポでわかりやすく、楽しく読み進めることができます。  ・ […]

江崎道朗 『 コミンテルンの謀略と日本の敗戦 』 感想

 祝!!江崎道朗先生、第一回アパ日本再興大賞受賞!!(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ) 公益財団法人アパ日本再興財団主催 第一回アパ日本再興大賞受賞者発表 江崎道朗氏の「日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ」が受賞!  というわけで?遅ればせながら、1年以上前に発売された著作ですが、『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』の感想です。いろいろ読んで書き留めてはなかなか […]

倉山満 国民が知らない上皇の日本史 感想②三種の神器とは

 前回の予告通り。今回は三種の神器について語りたいと思います。  そもそも三種の神器とはなにか。『古事記』の上つ巻にも既に記述があり、天孫降臨の際には天照大神が邇邇芸命に鏡・勾玉・剣を授け、践祚の際にはこれを受け継ぎます(剣璽等承継の儀)。  前回のブログで「即位と践祚は違うの?」と書きましたが、簡単に説明するとこうなります。 ○践祚・・・皇嗣が皇位を継承すること ○即位・・・皇位についたことを内 […]

倉山満『国民が知らない上皇の日本史』 感想① 私達は歴史を知らない

   昨年出版された『日本一やさしい天皇の講座』は皇室の歴史を駆け足で語り、譲位を論ずることで、三つの疑問「一、なぜ天皇は必要なのか」「二、なぜ、皇室は一度も途切れることなく続いてきたのか」「三、そもそも天皇とは、そして皇室とはなんなのか」に取り組んだものでした。そちらの感想も当ブログで取り上げておりますのでよろしければお読みください。 倉山満 日本一やさしい天皇の講座 感想  今回の『 […]

平井基之 『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』 感想

 チャンネルくららでおなじみ、受験戦略家 平井基之先生の本が出版されましたヾ(*´∀`*)ノ  温和なルックスに騙されてしまいそう(?)ですが、平井先生は東大の文理どちらにも合格した凄い人なのです。受験に役立つ勉強法のみならず、ビジネスや政治、最近では子育てに関する発信もなさっています。 東大に文理両方で合格した男が綴る、受験の戦略  そんな平井先生の御著書ですが、初版本の手に入りづらい田舎のうち […]

倉山満 『工作員・西郷隆盛』感想

 あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。  今年最初の記事です。今年の大河ドラマは林真理子原作の『西郷どん』。会見で男性同士の恋愛を描く可能性に触れて話題になりました。そんな中、倉山満先生も西郷についての本を出すということで楽しみにしていました。すると、倉山満の砦でこのような発言が! 祝!パタリロ殿下、『モーニング』に降臨    砦より引用 ちなみに、私もBL本、書いてみ […]

千葉麗子 『ママは愛国』 感想

 久しぶりに本の感想です。本当は『悲しいサヨクにご用心』が重版ということで感想を書こうと読み返していたのですが、こちらを先に書きたくなってしまいました。  本の楽しみ方にはいろいろあると思います。きちんと最初から最後まで順番違えず読む人、後書きや参考文献から読む人、著者や出版社からその背景を考える人。私が目を見張ったのはこの美しい表紙です。  今時珍しい白だけの表紙。そしてシンプルに「ママは愛国」 […]

1 2 8