レビュー

日本人よ!自虐史観に目覚め、真のグローバリストを目指せ! 倉山満 『ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法』その1感想 

倉山満先生の新刊『ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法』の感想です。 今回の著書『ウェストファリア体制』。 『ウェストファリア条約』についての本ではないことがポイントです。 ウェストファリア条約は締結されたことによって、それが突然すぐに国際法となったわけではありません。 国際法の概念は非常に難しいのですが、国際法とは条文があって、それが条約として批准されたから法律になる […]

倉山満 13歳からの「くにまもり」 感想

倉山満先生の扶桑社新書の新刊! タイトルに「13歳からの」と銘打ってある通り、非常にわかりやすい。 難しいことは何も書かれていません。 ここまでスラスラ読めて本質を語っている本がかつてあったのでしょうか? 最初から最後まで徹頭徹尾、正論が書かれています。 なおかつ面白い。 しかしながら、ここに書かれていることを知らない人も多いのではないかと思わずうなってしまいました。 例えば「良いデフレなどない」 […]

倉山満 世界一わかりやすい日本憲政史 感想

ありそうでなかった倉山満先生による初の憲政史の本。 なぜ、日本の政治は不甲斐ないのでしょうか? 安倍総理が2012年12月に返り咲いてもうすぐ7年、11月20日には桂太郎を抜いて、日本の憲政史、最長となる見通しです。 マスコミは「安倍一強」と言いますが、実際に安倍総理は何を成し遂げたのでしょうか? 「強い経済」、「デフレ脱却」を旗印に政権与党になり、首相になったにも関わらず、やり遂げたのは、約束違 […]